2.すぐに改行しろ

 皆さんは、学校の授業で作文を書いたことはありますか?
 無いっていう方が珍しいと思いますが、まあありますよね。

 その時先生に「すぐ改行しろ」という指導を受けましたか?

 おそらく受けていないと思います。でも改行してはいけないとも言われていないと思います。

 まあ、あまり改行しすぎると、文字数稼ぎとみられそうと思ったかもしれません。


 ですが、ネット上の文章は改行した方がいいです。

 5行以上改行がないのは、まず見にくいと思っていいです。


 理由は簡単です。単に見やすいからです。


 単純なことですが、読む人のことを考えるとはこういうことです。


 言っておきますが、

 「漢字少なくして改行すれば、コピーになるんだな」

 というテクニックはノウハウの話ではありません。


 「読む人のことを考えて書く」という事を突き詰めたらこうなるということです。

 
 また、これはコピーライティングの文章の話をしています。

 小説の新人賞に応募するときにこんな文章を書いたらまず、一次選考ではねられます(笑)


 だから、誰が、どういう状況で読むものか、という事をきちんと意識して
それに沿って書くという事が大事。それを考えろという事がお分かり
いただけましたか?


 まず、

「真剣に“読んでいる人”の立場で自分の文章を見る」

 というポイントが大事になってきます。

この記事へのコメント